大竹 博吉   (1890-1958)

大竹 博吉(おおたけ ひろきち、1890年3月8日 - 1958年1月22日)は、出版人、ソ連研究家。 [経歴] 愛知県生まれ。 ウラジヴォストーク東洋学院(現極東連邦大学)卒業。 1923年、『東方通信』モスクワ特派員となる。 1931年、ソ連図書輸入商社ナウカ社を設立。 日ソ親善運動をおこなう。 戦後は民主主義科学者協会に属し、ソビエト研究者協会幹事、日ソ協会理事などを務めた。 イヴァン・ミチューリンを日本に紹介し、ヤロビ農法の普及や1954年の日本ミチューリン会発足に重要な役割を果たした。 広尾猛、瓜生信夫の別名をもつ。 [著書] 『ソヴエト・ロシアの実相を語る』平凡社, 1933 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタケ ヒロキチ
人物別名 大竹博吉

瓜生, 信夫
生年 1890年
没年 1958年
職業・経歴等 ジャーナリスト
をも見よ 広尾, 猛(1890-1958)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界女性学基礎文献集成 水田珠枝 監修 ゆまに書房
2001.12
世界女性学基礎文献集成 水田珠枝 監修 ゆまに書房
2001.12
日露戰爭と露西亞革命 : ウィッテ伯回想記 - 吉林省档案馆
[200-]
ソヴェト教育の全貌 大竹博吉訳 大空社
1988.9
世界教養全集 D.E.スミス, J.ギンスバーグ著 ; 平田寛訳 ; M.ファラデー著 ; 岡邦雄訳 ; M.イリーン著 ; 原光雄訳 ; W.H.ブラッグ著 ; 栗原嘉名芽訳 ; M.イリーン著 ; 伊藤新一, 大竹博吉訳 平凡社
1974
数と数字 ; ろうそくの語る科学 ; 燈火の歴史 ; 音の世界 ; 自然と人間の闘い D. E. スミス, J. ギンスバーグ著 ; 平田寛訳 ; M. ファラデー著 ; 岡邦雄訳 ; M. イリーン著 ; 原光雄訳 ; W. H. ブラッグ著 ; 栗原嘉名芽訳 ; M.イリーン著 ; 伊藤新一, 大竹博吉訳 平凡社
1974.9
ウイッテ伯回想記日露戦争と露西亜革命 大竹博吉 監訳 原書房
1972
ウイッテ伯回想記日露戦争と露西亜革命 大竹博吉 監訳 原書房
1972
ウイッテ伯回想記日露戦争と露西亜革命 大竹博吉 監訳 原書房
1972
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想