大杉 栄   (1885-1923)

文学者、思想家。「自立した個人の絶対的自由」を求める徹底した個人主義者及び社会主義者として知られる。関東大震災の際、憲兵隊にとらえられ、虐殺された。Wikipedia「大杉栄

「青空文庫」より

大杉 栄(おおすぎ さかえ、大杉榮、1885年(明治18年)1月17日 - 1923年(大正12年)9月16日)は、思想家、作家、ジャーナリスト、社会運動家。 [概要] 明治大正における日本の代表的なアナキストである。 大逆事件の後にマルクス主義者の中で優勢になったアナ系の大立者であったために危険視され、関東大震災直後、憲兵隊司令部で横死した(甘粕事件)。 自由恋愛論者で、居候中に堺利彦の義妹堀保子と結婚するが入籍せず、神近市子に続き、伊藤野枝とも愛人関係となって、野枝は長女魔子を身ごもった。 女性達からは常に経済的援助を受けていたが、野枝(とその子供)に愛情が移ったのを嫉妬した市子によって...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオスギ サカエ
人物別名 大杉栄

大杉, 榮

Ōsugi, Sakae
生年 1885年
没年 1923年
職業・経歴等 政治運動家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
相互扶助論 ピョートル・クロポトキン 著 ; 大杉栄 訳 同時代社
2017.2
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2016.1
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2015.1
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2015.2
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2015.5
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2015.6
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2015.7
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2015.8
大杉栄全集 大杉栄 著 ; 大杉栄全集編集委員会 編 ぱる
2015.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想