小塩 節   (1931-)

小塩 節(おしお たかし、1931年1月10日 - )は、ドイツ文学者、中央大学名誉教授、フェリス女学院理事長。 妻は、英文学者小塩トシ子(1931- 、フェリス女学院大学名誉教授)。 [経歴] 長崎県佐世保市生まれ。 父は牧師小塩力。 旧制松本高校及び東京大学独文科卒、同大学院。 1958年、国際基督教大学専任講師、準教授、1967年からNHKの「ドイツ語講座」を1985年まで担当。 1970年、中央大学文学部教授、のち常任理事、在職のまま1985年から1988年まで駐西ドイツ・日本大使館公使、ケルン日本文化会館館長。 1997年中大退職、名誉教授、フェリス女学院院長、2003年理事長。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オシオ タカシ
人物別名 小塩節

おしお, たかし
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ゲーテからの贈り物 ゲーテ著 ; 小塩節訳編 青娥書房
2021.10
ゲーテからの贈り物 ゲーテ著 ; 小塩節訳編 青娥書房
2021.10
森鷗外 : 随想 小塩節著 青娥書房
2020.8
ぶどうの木のかげで : 今日の祈り、明日のうた 小塩節著 青娥書房
2019.5
「神」の発見 小塩節 著 教文館
2017.7
樅と欅の木の下で 小塩節 著 青娥書房
2015.10
育てつつ育てられる幼児教育 小塩節 著 青娥書房
2013.3
旅人の夜の歌 : ゲーテとワイマル 小塩節 著 岩波書店
2012.11
私のゲーテ 小塩節 著 青娥書房
2010.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想