郡司 正勝   (1913-1998)

郡司 正勝(ぐんじ まさかつ、1913年7月7日 - 1998年4月15日)は北海道札幌市出身の歌舞伎研究家、演劇評論家。 [経歴] 1939年早稲田大学国文科卒。 河竹繁俊門下。 早大演劇博物館学芸員・同大学講師などを経て、1960~84年教授。 1954年に発表した『かぶき・様式と伝承』(1955年度芸術選奨文部大臣賞受賞)は、歌舞伎研究に民俗学の成果を導入し、芸態の持つ精神構造に光を当てた点で画期的な著作。 その後も『かぶきの美学』『かぶきの発想』『おどりの美学』などを著す傍ら、劇評の分野でも活躍。 また、1963年の四世鶴屋南北『桜姫東文章』の復活上演以来、旧作の校訂・演出にも力を注...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ グンジ マサカツ
人物別名 郡司正勝
生年 1913年
没年 1998年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近世芸道論 西山松之助, 渡辺一郎, 郡司正勝校注 岩波書店
2018.5
鶴屋南北 郡司正勝 [著] 講談社
2016.8
歩く 郡司正勝 著 港の人
2016.7
童子考 郡司正勝 著 白水社
2010.5
手前味噌 三代目中村仲蔵 著 ; 郡司正勝 校註 青蛙房
2009.3
かぶき入門 郡司正勝 著 岩波書店
2006.8
かぶき 郡司正勝 著 筑摩書房
2005.2
桜姫東文章 : 破戒清玄風鈴お姫釣鐘権助 : 通し四幕八場 四世鶴屋南北 作 ; 郡司正勝 補綴・演出 ぴあ
2005.12
舞踊名言集成 郡司正勝 著 演劇出版社
2004.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想