大島 泰郎   (1935-)

大島 泰郎(おおしま たいろう、1935年2月13日 - )は日本の生化学者。 理学博士。 現在、共和化工(株)環境微生物研究所所長。 [人物] 東京出身。 1958年、東京大学理学部化学科卒業。 1963年、同大学院で博士課程修了。 東京大学助手、NASA研究員、三菱化成生命科学研究所研究員、東京工業大学教授、東京薬科大学教授などを歴任。 また、日本蛋白質科学会会長も務めた。 東京工業大学名誉教授、東京薬科大学名誉教授。 2005年より現職。 ポリアミン学会会長。 極限環境生物学会 会長。 日本Archaea研究会 代表。 1968年、伊豆の峰温泉から、好熱菌サーマス・サーモフィルスを分離...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオシマ タイロウ
人物別名 大島泰郎
生年 1935年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
オックスフォード生物学辞典 大島泰郎, 鵜澤武俊 監訳 ; Robert S.Hine, Elizabeth Martin 編 朝倉書店
2014.6
思惟する天文学 佐藤勝彦, 池内了, 佐治晴夫, 渡部潤一, 髙柳雄一, 平林久, 寿岳潤, 大島泰郎, 的川泰宣, 海部宣男 著 新日本出版社
2013.7
極限環境の生き物たち : なぜそこに棲んでいるのか 大島泰郎 著 技術評論社
2012.4
共に生きる知恵 : 微生物・人間・情報ネットそれぞれの世界で 武田計測先端知財団 編 ; 大島泰郎, 長谷川眞理子, 中村達生, 唐津治夢 著 ケイ・ディー・ネオブック
化学同人
2009.10
生化学辞典 今堀和友, 山川民夫 監修 ; 大島泰郎, 鈴木紘一, 脊山洋右, 新井洋由, 石浦章一, 大隈良典, 岸本健雄, 正木春彦, 山本一夫 編 東京化学同人
2007.12
高度好熱菌を利用した廃水処理に関するの研究 大島泰郎研究代表 大島泰郎
2006. 6
構造ゲノムプロジェクトの進展 [大島泰郎ほか編集] 共立
2005.6
生物 星元紀 ほか執筆 実教
2004.3
高度好熱菌由来酵素の低温適応変異体の解析 大島泰郎研究代表 大島泰郎
2004.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想