饗庭 篁村   (1855-1922)

江戸下谷竜泉寺町生まれ。読売新聞社に入社後、その才能を買われ、1886(明治19)年「当世商人気質」を連載し作家デヴュー。江戸文学の流れを継承しつつ、西洋文芸の要素を早くから取り入れた。幸田露伴をして篁村の親友・坪内逍遥とともに「明治二十年前後の二文星」と呼ばしめる。劇評家や江戸文学史研究家、翻訳家としても知られる。(大久保ゆう)Wikipedia「饗庭篁村

「青空文庫」より

饗庭篁村(あえば こうそん、安政2年8月15日(1855年9月25日)- 1922年6月20日)は、明治時代の小説家で演劇評論家。 根岸派の重鎮。 本名は饗庭與三郎。 別号「竹の屋(舎)(たけのや)主人」とも称す。 下谷龍泉寺町生まれにちなんで「龍泉居士」、その縁で「太阿居士」、南傳町2丁目に住んで「南傳二」とも。 [概要] ほぼ独学ではあるが和漢学に造詣が深く俳諧の道にも明るかった。 作家としては「戯作者」世代と坪内逍遥、幸田露伴ら新時代の作家たちとの過渡期に位置づけられる。 篁村はこの時期の代表的な作家のひとりと見られており、幸田露伴は、饗庭篁村と須藤南翠が明治20年前後の「二文星」、「...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アエバ コウソン
人物別名 饗庭篁村

饗庭, 篁邨

饗庭, 与三郎

竹の舎主人

竹のや主人
生年 1855年
没年 1922年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治飜譯文學集 木村毅編 筑摩書房
2013.1.25
根岸派文學集 稲垣達郎編 筑摩書房
2013.1.25
明治紀行文學集 福田清人編 筑摩書房
2013.1.25
つり的 饗庭篁村 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
第七国民小説 民友社 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2006.4
風刺文学集 中野三敏, 宗像和重, 十川信介, 関肇 校注 岩波書店
2005.10
第二国民小説 民友社 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2005.9
第三国民小説 民友社 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2005.9
国民小説 民友社 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2005.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想