大瀬 甚太郎   (1865-1944)

大瀬 甚太郎(おおせ じんたろう、1866年2月9日(慶応元年12月24日) - 1944年(昭和19年)5月29日は、近代日本の教育学者。 号は金城。 近代日本における体系的な教育学の樹立者、西洋教育史学の開拓者として評価されている。 [来歴] 石川県金沢市生まれ。 加賀藩士族・大瀬直温の子。 上京後、進文学舎、東京大学予備門を経て、帝国大学文科大学(現・東京大学文学部)哲学科に入学。 文科大学の同級生には大西祝、渡辺董之助、三上参次(国文学科)、谷本富(選科生)がいる。 卒業後、同大学院に進学し心理学を専攻する。 1891年に第五高等中学校に赴任、嘉納治五郎が同校の校長だった時期と重なっ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオセ ジンタロウ
人物別名 大瀬甚太郎
生年 1865年
没年 1944年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2003.1
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2003.1
経済・社会一班篇6 : 明治後期産業発達史資料 結城郡物産共進会協賛会 [著] 竜渓書舎
2003.3
府県産業篇 : 明治後期産業発達史資料 結城郡物産共進会協賛会 [著] 竜渓書舎
2002.9
明治教育古典叢書 文部省編 国書刊行会
1981.4
明治教育古典叢書 D.P.ページ著 ; ファン・カステール訳 国書刊行会
1980.11
文學講義 - 早稲田大学出版部
[198-]-
中學新修身 大瀬甚太郎著 中等学校教科書
1943.7
女子修身教科書 大瀬甚太郎著 中等学校教科書
1943.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想