周 亮工   (1612-1672)

周亮工(しゅう りょうこう、1612年 - 1672年)は、明末清初の中国の文人。 蔵書家としても知られ、特に印章を好んだ。 字は元亮、号は櫟園、減斎。 河南省祥符県(現在の開封市)に生まれ、南京に住んだ。 [経歴] 1640年(崇禎13年)に進士及第し山東省濰県県令に任じられた。 1644年(崇禎17年)には浙江道監察御史となったが、明朝が滅亡し、また李自成の自害により順朝が崩壊うすると、1645年(順治2年)に清朝に仕官し戸部右侍郎(財政部)まで昇進した。 しかし鄭芝竜の事件に連座し投獄される。 のちに赦され再び仕官し、1662年(康熙元年)に官職を辞した。 多くの著作を残したが、南明と...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シュウ リョウコウ
人物別名 周亮工
生年 1612年
没年 1672年
職業・経歴等 文人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
畫史叢書 于安瀾编著 ; 張自然校訂 河南大学出版社
2015.7
印人傳合集 (清)周亮工等撰 ; 于良子點校 浙江人民美術出版社
2014.8
周亮工全集 (清) 周亮工 [著] ; 朱天曙編校整理 凤凰出版传媒集团
鳳凰出版社
2008.12
頼古堂集 (清) 周亮工 [著] ; 朱天曙編校整理 凤凰出版传媒集团
鳳凰出版社
2008.12
因樹屋書影 [(清) 周亮工著] ; 朱天曙編校整理 凤凰出版传媒集团
鳳凰出版社
[2008.12]
讀畫録 ; 印人傳 ; 閩小紀 [(清) 周亮工著] ; 朱天曙編校整理 凤凰出版传媒集团
鳳凰出版社
[2008.12]
通◆◆ ; 全濰紀略 ; 字觸 [(清) 周亮工著] ; 朱天曙編校整理 凤凰出版传媒集团
鳳凰出版社
[2008.12]
同書 [(清) 周亮工著] ; 朱天曙編校整理 凤凰出版传媒集团
鳳凰出版社
[2008.12]
尺牘新鈔 [(清) 周亮工著] ; 朱天曙編校整理 凤凰出版传媒集团
鳳凰出版社
[2008.12]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想