大沼 枕山   (1818-1891)

大沼枕山(おおぬま ちんざん、文化15年3月19日(1818年4月24日) - 明治24年(1891年)10月1日)は江戸時代後期から明治前期の漢詩人。 名は厚、字は子寿、通称は捨吉、号は水竹居、臺領、枕山。 野にあって詩人として生き、最後まで髷(まげ)姿を通した。 墓は東京都台東区谷中の瑞輪寺にある。 永井荷風は縁者にあたる枕山を「下谷叢話」でその人となりを愛惜こめて伝えている。 [略年譜] (以下明治5年までは旧暦) 文化15年(1818年)3月19日 生まれる。 父は、大沼次右衛門。 幕府の小吏であったが、竹渓と号し詩をよくした。 その拝領屋敷は下谷御徒町にあった。 文政10年(182...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオヌマ チンザン
人物別名 大沼枕山

大沼, 厚

大沼, 子壽
生年 1818年
没年 1891年
職業・経歴等 漢詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大沼枕山・鶴林と永井荷風『下谷叢話』 : 企画展 二松学舎大学私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「近代日本の「知」の形成と漢学」編 二松學舍大学私立大学戦略的研究基盤形成支援事業近代日本の「知」の形成と漢学
2019.9
江戸詩人選集 日野竜夫 ほか編纂 岩波書店
1990.12
漢詩人・大沼枕山 : 俳人友昇をめぐる人々 特別企画展 福生市郷土資料室 編 福生市教育委員会
1985.2
東京詞 大沼枕山 作 太平書屋
1981.12
皆春堂近體詩鈔 林忠茂著 者不明
1911
竹軒百律 竹軒一如居士著 ; 枕山大沼評 ; 高木貞幹校 高木貞幹
1911.3
詩学明弁 : 枕山先生遺著 大沼枕山 著 ; 大沼鶴林 編 金刺芳流堂
明29.12
詩學朙辨 : 枕山先生遺書 大沼鶴林輯著 吉岡平助
小谷卯三郎
武田芳進堂
金刺芳流堂
1896.12
涵虚楼遺稿 泉晋 著 菅直教
明27.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
卷之4: 枕山居詩 大沼 枕山
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想