大野 正男   (1927-2006)

大野 正男(おおの まさお、1927年9月3日 - 2006年10月28日)は日本の弁護士。 最高裁判所裁判官。 東京府出身。 小学生時代に父の大蔵次官大野龍太が帝人事件で逮捕され、無実の罪で3年半のあいだ未決勾留された経験から弁護士志望となる。 第一高等学校 (旧制)を経て、1951年、東京大学法学部卒業。 一旦会社勤めをした後、1954年に弁護士登録。 弁護士としては海野普吉に師事。 弁護士としては悪徳の栄え事件、砂川事件、西山事件、全逓中郵事件、羽田空港デモ事件、飯塚事件、芸大事件を担当した。 1993年4月に最高裁判事に就任。 1997年9月に定年退官。 [著書] 『裁判における判断...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオノ マサオ
人物別名 大野正男
生年 1927年
没年 2006年
職業・経歴等 弁護士

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史 大野正男 著 ; 日弁連法務研究財団 編 日本評論社
2013.3
刑事裁判の光と陰 : 有罪率99%の意味するもの 大野正男, 渡部保夫編 有斐閣
2010.4
東京予防接種禍訴訟 新堂幸司 監修 ; 中平健吉, 大野正男, 廣田富男, 山川洋一郎, 秋山幹男, 河野敬 編 信山社
2005.10
東京予防接種禍訴訟 新堂幸司 監修 ; 中平健吉, 大野正男, 廣田富男, 山川洋一郎, 秋山幹男, 河野敬 編 信山社
2005.10
弁護士から裁判官へ : 最高裁判事の生活と意見 大野正男 著 岩波書店
2000.6
社会のなかの裁判 大野正男 著 有斐閣
1998.9
刑事裁判の光と陰 大野正男, 渡部保夫 編 有斐閣
1989.1
フィクションとしての裁判 : 臨床法学講義 大野正男, 大岡昇平 著 朝日出版社
1979.12
現代社会と弁護士 大野正男 [ほか] 編集 判例タイムズ社
1977.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想