吉田 修一   (1968-)

吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。 [来歴・人物] 長崎市出身。 長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。 その後、スイミングスクールのインストラクターなどのアルバイトなどを経験。 1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。 同作で、第117回芥川賞候補。 2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞し、同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川賞を受賞。 純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで、山田詠美や島田雅彦と同じ系統のクロスオーバー作家が現れたと話題になった。 2003年、布袋寅...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシダ シュウイチ
人物別名 吉田修一
生年 1968年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
作家と一日 吉田修一著 集英社
2019.1
東京湾景 吉田修一著 新潮社
2019.9
愛に乱暴 吉田修一 著 新潮社
2018.1
愛に乱暴 吉田修一 著 新潮社
2018.1
ウォーターゲーム 吉田修一著 幻冬舎
2018.5
犯罪小説集 吉田修一 [著] Kadokawa
2018.11
短編学校 集英社文庫編集部 編 集英社
2017.6
森は知っている 吉田修一 [著] 幻冬舎
2017.8
泣きたくなるような青空 吉田修一 著 木楽舎
2017.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想