重田 園江   (1968-)

重田 園江(おもだ そのえ、1968年2月 - )は、日本の政治学者。 明治大学政治経済学部教授。 専門は現代思想、政治思想史、社会思想史、ミシェル・フーコー研究。 [人物] 兵庫県西宮市生まれ。 名古屋市立神丘中学校、愛知県立明和高等学校を経て、1990年3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。 藤原保信門下。 女性初の総合職(幹部候補)として日本開発銀行(現日本政策投資銀行)へ入行。 しかしサラリーマン生活は性に合わず1年で退職。 浪人を経て、東京大学大学院総合文化研究科相関社会科学専攻博士前期課程修了、学術修士。 東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。 1997年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オモダ ソノエ
人物別名 重田園江
生年 1968年
没年 -
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ホモ・エコノミクス : 「利己的人間」の思想史 重田園江著 筑摩書房
2022.3
フーコーの風向き : 近代国家の系譜学 重田園江著 青土社
2020.9
夢と欲望のオリンピック : その多様な姿 高峰修編著 ; 川島高峰 [ほか執筆] 成文堂
2020.10
岩波講座政治哲学 小野紀明, 川崎修 編集代表 岩波書店
2014.1
社会契約論 : ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ 重田園江 著 筑摩書房
2013.11
高校倫理からの哲学 直江清隆, 越智貢 編 岩波書店
2012.7
連続討論「国家」は、いま : 福祉・市場・教育・暴力をめぐって 杉田敦 編 岩波書店
2011.4
ミシェル・フーコー : 近代を裏から読む 重田園江 著 筑摩書房
2011.9
連帯の哲学 重田園江 著 勁草書房
2010.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想