大村 仁太郎   (1863-1907)

東京小石川生まれ。ドイツ語学者。父は東京府士族。幼年時に牛込筑土八幡町の万昌院で漢学を学ぶ。明治14年(1881)に陸軍省御用掛、翌年には外国語学校に奉職。以後、陸軍大学校、東京大学予備門、第一高等中学校を経て学習院教授となる。34年(1901)ドイツに留学、39年(1906)学習院教授を辞職。これ以前から独逸協会の幹事を勤め、38年(1905)には独逸協会中学校(1883創立)の4代目校長となる。教育者として家庭教育の重要性を唱え、また、エレン・ケイの著作を翻訳するなど、教育関係の著作が多数ある。

「近代日本人の肖像」より

大村 仁太郎(おおむら じんたろう、文久3年(1863年)-明治40年(1907年)6月5日))は、明治期のドイツ語学者・教育者。 [経歴] 江戸小石川関口水道町の出身。 初め、筑土八幡町萬昌院に入って漢学を学んでいたが、明治14年(1881年)に陸軍省御用掛に登用され、翌年より東京外国語学校に移り、明治17年(1884年)に助教授となって、以後陸軍大学校や第一高等中学校などで教壇に立ち、学習院教授に転じて獨逸文学科長となる。 明治34年(1901年)から2年間ドイツに留学、帰国直後の明治36年(1903年)には学習院勤務のまま獨逸学協会学校校長を兼務する。 獨逸学協会学校の教授であった山口...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオムラ ジンタロウ
人物別名 大村仁太郎
生年 1863年
没年 1907年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代日本女子教育文献集 中嶌邦 監修 日本図書センター
2002.6
教育者の教師 大村仁太郎著 ゆまに書房
1990.7.20
日本児童問題文献選集 エレン・ケイ著 ; 大村仁太郎解説 ; エレン・ケイ著 ; 原田実訳 ; 一番ケ瀬康子解説 日本図書センター
1985.2
日本児童問題文献選集 大村仁太郎編述 ; 津曲裕次解説 日本図書センター
1984.4
独逸文法教科書 大村仁太郎 ほか合著 日独書院
昭和2
獨逸語入門 大村仁太郎, 山口小太郎, 谷口秀太郎 著 日独書院
1926.3
独逸文法教科書 大村仁太郎 等著 日独書院
大正12
子供の世紀 エレン・ケイ [著] ; 大村仁太郎 編述 同文館
大正11
独逸語入門 谷口秀太郎 等編 日独書院
大正11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想