尾本 恵市   (1933-)

尾本 惠市(おもと けいいち、1933年5月16日 - )は、日本の人類学者。 東京大学、国際日本文化研究センター名誉教授。 [来歴・人物] 東京都出身。 東京大学理学部を卒業するとドイツへ留学。 1972年、 東京大学 理学博士 論文の題は「Blood protein polymorphisms and the problem of the genetic affinities of the Ainu(血液蛋白の多型とアイヌの遺伝的起源の問題)」。 1979年から東京大学理学部教授となる。 1993年から1999年まで国際日本文化研究センター教授を務め、その後は桃山学院大学教授を務めた。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オモト ケイイチ
人物別名 尾本恵市

尾本, 惠市
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
教養としての将棋 : おとなのための「盤外講座」 梅原猛, 羽生善治, 尾本恵市著 講談社
2019.6
人類学講座 人類学講座編纂委員会 編 雄山閣
2017.7
日本の人類学 山極寿一, 尾本恵市 著 筑摩書房
2017.11
ヒトと文明 尾本恵市 著 筑摩書房
2016.12
ヒトはいかにして生まれたか 尾本恵市 [著] 講談社
2015.3
まなび野にて 尾本惠市[著] 尾本恵市
2004.3
類人猿にみる人間 伊谷純一郎, 尾本惠市, 養老孟司 著 中山書店
2003.7
人類の自己家畜化と現代 尾本惠市 編 人文書院
2002.7
日本文化としての将棋 尾本惠市 編著 三元社
2002.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想