大間知 篤三   (1900-1970)

大間知 篤三(おおまち とくぞう、1900年(明治33年)4月9日 - 1970年(昭和45年)2月26日)は、日本の民俗学者。 富山県出身。 第四高等学校卒、1927年東京帝国大学文学部独文科卒。 在学中、新人会に所属し労働農民党書記を務め、日本共産党に入る。 金沢連隊に入営ののち、1927年三・一五事件で三年間下獄。 1931年出所して大宅壮一の翻訳団に加わる。 1933年より柳田國男に師事、民間伝承の会(現日本民俗学会)の創立に参加。 1935年大孝塾研究所(のち国民思想研究所)研究員。 1939年入隊時の上官・辻政信の推薦で満州建国大学講師、のち教授。 1946年帰国、1948年民俗学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオマチ トクゾウ
人物別名 大間知篤三
生年 1900年
没年 1970年
職業・経歴等 民俗学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
フローリアン・ガイエル ハウプトマン 著 ; 大間知篤三 訳 ゆまに書房
2008.2
セメント グラトコフ 著 ; 大間知篤三 訳 ゆまに書房
2006.2
セメント グラトコフ 著 ; 大間知篤三 訳 ゆまに書房
2006.2
日本歴史民俗論集 網野善彦 [ほか]編 吉川弘文館
1993.2
民俗学の成立と展開 大間知篤三[ほか]編 平凡社
1985.4
日本民俗学大系 大間知篤三[ほか]編 平凡社
1985.4
日本民俗学の歴史と課題 大間知篤三 [ほか] 編 平凡社
1985.4
社会と民俗 大間知篤三[ほか]編 平凡社
1985.4
生業と民俗 大間知篤三[ほか]編 平凡社
1985.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想