奥野 信太郎   (1899-1968)

奥野 信太郎(おくの しんたろう、1899年11月11日 - 1968年1月15日)は、日本の中国文学者、随筆家。 [経歴] 東京都出身。 父は陸軍大尉。 13歳のころ浅草の叔母の家に預けられて芝居に熱中、永井荷風に心酔する。 父の命で陸軍士官学校を受けたがわざと失敗、浅草オペラに耽溺する。 続いて第一高等学校も受験するが失敗し、荷風を慕って慶應義塾に入るが、荷風は既に退職していた。 慶應義塾大学文学部卒。 北京に留学。 戦後、慶應義塾大学教授。 中国文学研究のかたわら数多くの軽妙な随筆で人気があった。 [著書] 随筆北京 第一書房, 1940/平凡社東洋文庫, 1990 北京襍記 二見書...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オクノ シンタロウ
人物別名 奥野信太郎
生年 1899年
没年 1968年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日中の120年文芸・評論作品選 張競, 村田雄二郎 編 岩波書店
2016.5
荷風文学みちしるべ 奥野信太郎 著 ; 近藤信行 編 岩波書店
2011.12
日本人の知性 奥野 信太郎【著】 学術出版会
日本図書センター
2010.10
随筆北京 奥野信太郎 [著] 平凡社
2008.9
藝文おりおり草 奥野信太郎 著 平凡社
2008.9
女妖啼笑 : はるかな女たち 奥野信太郎 著 講談社
2002.12
奥野信太郎中国随筆集 奥野信太郎 著 慶應義塾大学出版会
1998.3
玩具の記憶 奥野信太郎 著 ; 須田正一 編 論創社
1996.1
芸文おりおり草 奥野信太郎 著 平凡社
1992.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想