渡辺 浩一   (1959-)

渡辺 浩一(わたなべ こういち、1959年 - )は、日本の歴史学者、国文学研究資料館教授。 [来歴] 東京都生まれ。 東北大学文学部国史学科卒、1986年同大学院文学研究科国史学博士課程満期退学、87年東北大学文学部助手、91年国文学研究資料館講師、助教授、教授。 1997年「近世都市における住民結合と序列意識に関する研究」で東北大学博士(文学)。 [著書] 『近世日本の都市と民衆 住民結合と序列意識』吉川弘文館、1999 『まちの記憶 播州三木町の歴史叙述』清文堂出版、2004 『仙台城下の武家屋敷』大崎八幡宮仙台・江戸学実行委員会、2010 [著書] 『日本近世史料学研究 史料空間...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワタナベ コウイチ
人物別名 渡辺浩一
生年 1959年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近世都市「江戸」の水害 : 災害史から環境史へ 渡辺浩一著 吉川弘文館
2022.6
近世都市の常態と非常態 : 人為的自然環境と災害 渡辺浩一, マシュー・デーヴィス編 勉誠
2020.2
気候変動から近世をみなおす : 数量・システム・技術 鎌谷かおる, 渡辺浩一編集 臨川書店
2020.11
江戸水没 : 寛政改革の水害対策 渡辺浩一著 平凡社
2019.11
社会変容と民間アーカイブズ 国文学研究資料館 編 勉誠
2017.3
「日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築」5ユニットの紹介 : 特集 小池淳一 [ほか]編 人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト「日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築」
2017.2
自己語りと記憶の比較都市史 渡辺浩一, ヴァネッサ・ハーディング 編 勉誠
2015.11
9-19世紀文書資料の多元的複眼的比較研究 渡辺浩一 編 人間文化研究機構
2014.3
日本近世都市の文書と記憶 渡辺浩一 著 勉誠
2014.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想