大久保 房男   (1921-2014)

大久保 房男(おおくぼ ふさお、1921年9月1日 - 2014年7月25日)は、日本の編集者、作家。 [経歴] 三重県北牟婁郡紀伊長島町(現紀北町)生まれ。 旧制津中学校を経て慶應義塾大学国文科で折口信夫に師事する。 学徒出陣で1943年に出征、海軍予備学生(第4期)を経て1944年暮に海軍少尉となったが、敗戦により復員し、1945年10月に復学、1946年9月に卒業する。 民俗学徒を目指していたが、たまたま入社試験を受けた講談社に合格し、同年11月に同社に入社する。 1955年から1966年まで『群像』の編集長を務め、「文学の鬼」と言われて、石原慎太郎や有吉佐和子の作品を一切掲載せず、活...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオクボ フサオ
人物別名 大久保房男
生年 1921年
没年 2014年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦前の文士と戦後の文士 大久保房男 著 紅書房
2012.5
文士と編集者 大久保房男 著 紅書房
2008.9
終戦後文壇見聞記 大久保房男 著 紅書房
2006.5
日本語への文士の心構え 大久保房男 著 アートデイズ
2006.10
人間魚雷搭乗員募集 大久保房男 著 光人社
2005.1
文士のゴルフ 大久保房男 著 展望社
2000.10
人間魚雷搭乗員募集 大久保房男 著 光人社
1999.5
文士とは 大久保房男 著 紅書房
1999.6
理想の文壇を 大久保房男 著 紅書房
1993.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想