大川 周明   (1886-1957)

大川 周明(おおかわ しゅうめい、1886年12月6日 - 1957年12月24日)は、日本の思想家。 1918年、東亜経済調査局・満鉄調査部に勤務し、1920年、拓殖大学教授を兼任する。 1926年、「特許植民会社制度研究」で法学博士の学位を受け、1938年、法政大学教授大陸部(専門部)部長となる。 その思想は、近代日本の西洋化に対決し、精神面では日本主義、内政面では社会主義もしくは統制経済、外交面ではアジア主義を唱道した。 なお、東京裁判において民間人としては唯一A級戦犯の容疑で起訴されたことでも知られる。 しかし、精神障害と診断され裁かれなかった。 晩年はコーラン全文を翻訳するなどイスラ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオカワ シュウメイ
人物別名 大川周明

Ōkawa, Shūmei
生年 1886年
没年 1957年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
壇上の大川周明 大川周明著 毎日ワンズ
2022.4
日本二千六百年史 大川周明著 毎日ワンズ
2021.2
日本二千六百年史 大川周明著 毎日ワンズ
2021.2
日本二千六百年史 大川周明著 土曜社
2019.2
復興亜細亜の諸問題 大川周明 著 土曜社
2017.1
復興亜細亜の諸問題 大川周明 著 土曜社
2017.1
日本二千六百年史 大川周明 著 毎日ワンズ
2017.10
復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論 大川周明 著 中央公論新社
2016.4
異貌の日本近代思想 西田幾多郎 [ほか] 著 書肆心水
2015.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想