岡野 加穂留   (1929-2006)

岡野 加穂留(おかの かおる、1929年6月22日 - 2006年6月7日 )は、政治学者、明治大学名誉教授、第11代明治大学学長。 専門は、比較政治学、政治制度論、比較憲法学。 日本におけるデモクラシー研究の第一人者。 研究者仲間に早稲田大学名誉教授の内田満や慶應義塾大学名誉教授の堀江湛らがいる。 郵便局ファンの会会長。 [経歴] 東京府東京市京橋区佃島(現在の東京都中央区佃)生まれ。 1947年、明治大学政治経済学部政治学科入学。 同大雄弁部入部。 ラグビーでも活動歴があり、同年の東京文理大学戦にフランカー(7番)のポジションで出場している。 1952年、同政治経済学部政治学科首席卒業。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカノ カオル
人物別名 岡野加穂留
生年 1929年
没年 2006年
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明日の天気は変えられないが明日の政治は変えられる 岡野加穂留 著 東信堂
2004.1
政治思想とデモクラシーの検証 : 臨床政治学の基礎 岡野加穂留, 伊藤重行 編著 東信堂
2002.10
若者と語る 後藤田正晴, 村山富市, 岡野加穂留 述 ; 明治大学政治経済学部 編 明治大学政治経済学部
毎日新聞社
2002.11
比較政治学とデモクラシーの限界 : 臨床政治学の展開 岡野加穂留, 大六野耕作 編著 東信堂
2001.9
村山政権とデモクラシーの危機 : 臨床政治学的分析 岡野加穂留, 藤本一美 編著 東信堂
2000.10
現代臨床政治学叢書 - 東信堂
2000.10-
日本国にもの申す : 絶えざる警戒こそ自由の代価 岡野加穂留 著 東洋経済新報社
1995.9
知的野蛮人のすすめ 岡野加穂留 著 講談社
1992.9
政治改革 岡野加穂留 著 東洋経済新報社
1990.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想