平野 啓一郎   (1975-)

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、1975年6月22日 - )は日本の小説家。 京都大学法学部在学中の1999年に『日蝕』により芥川賞を受賞。 同年に『一月物語』、2002年に長編『葬送』を刊行する。 これら「ロマンティック三部作」と呼ばれる過去の歴史を舞台にした長編群を書き上げたあとは、一転して現代を舞台にした実験的な短編に取り組み、現在は再び長編小説を発表している。 三島由紀夫、森鴎外、シャルル・ボードレール、ミルチャ・エリアーデ等に傾倒。 2008年にモデルの春香と結婚。 現在、東京都在住。 [経歴] 愛知県蒲郡市で生まれたが1歳で父親(享年36)を亡くし、2歳から18歳まで母親の実...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラノ ケイイチロウ
人物別名 平野啓一郎
生年 1975年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
名場面で味わう日本文学60選 平野啓一郎著 ; 阿部公彦著 ; ロバート キャンベル著 ; 鴻巣友季子著 ; 田中慎弥著 ; 中島京子著 ; 飯田橋文学会著 徳間書店
2021.3
三島由紀夫『金閣寺』 : 絶対性を滅ぼす 平野啓一郎著 ; 日本放送協会編集 ; NHK出版編集 NHK
2021.5
名場面で味わう日本文学60選 平野啓一郎 [ほか] 著 徳間書店
2021.3
本心 平野啓一郎著 文芸春秋
2021.5
ある男 平野啓一郎著 文芸春秋
2021.9
時代の抵抗者たち 青木理著 ; なかにし礼 [ほか述] 河出書房新社
2020.5
悲しみとともにどう生きるか 柳田邦男 [ほか] 著 集英社
2020.11
マチネの終わりに 西谷弘監督 ; 井上由美子脚本 ; 平野啓一郎原作 アミューズソフト
フジテレビジョン
[2020.5]
マチネの終わりに 平野啓一郎著 文芸春秋
2019.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想