岡本 かの子   (1889-1939)

1889(明治22)年3月1日、東京赤坂青山南町の大貫家別荘で生まれる。本名カノ。跡見女学校卒業後、与謝野晶子に師事し、「明星」や「スバル」に短歌を発表した。明治43年、上野美術学校の画学生岡本一平と結婚。翌年岡本太郎誕生。しかし、それぞれの強烈な個性が激突し、かの子の身内の不幸も重なって、結婚生活は破綻した。その結婚生活の地獄を乗り越えるため、夫婦で宗教遍歴をし、大乗仏教に辿り着く。1936年、芥川龍之介をモデルにした『鶴は病みき』によって文壇に登場。その後、『母子叙情』『金魚撩乱』『老妓抄』などを発表。1939年(昭和14)年2月18日、脳溢血にて死去。Wikipedia「岡本かの子

「青空文庫」より

岡本 かの子(おかもと かのこ、1889年3月1日 - 1939年2月18日)は、大正、昭和期の小説家、歌人、仏教研究家。 本名カノ。 東京府東京市赤坂区(現東京都港区)青山南町生まれ。 跡見女学校卒業。 漫画家岡本一平と結婚し、芸術家岡本太郎を生んだ。 小説家として実質的にデビューをしたのは晩年であったが、生前の精力的な執筆活動から、死後多くの遺作が発表された。 耽美妖艶の作風を特徴とする。 私生活では、夫一平と「奇妙な夫婦生活」を送ったことで知られる。 [経歴] 代々幕府や諸藩の御用達を業としていた豪商の大貫家の別邸で誕生。 大貫家は、神奈川県橘樹郡高津村(現川崎市高津区)二子に居を構え...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカモト カノコ
人物別名 岡本かの子

岡本, カノ

岡本, か乃

岡本, かの
生年 1889年
没年 1939年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
美少年 : 岡本かの子アムール幻想傑作集 岡本かの子著 ; 長山靖生編 彩流社
2019.5
日本文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2017.3
耳瓔珞 安野モヨコ 選・画 ; 芥川龍之介, 有吉佐和子, 円地文子, 岡本かの子, 織田作之助, 川端康成, 白洲正子 著 中央公論新社
2017.4
日本文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2017.5
日本文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2017.7
晩菊 安野モヨコ 選・画 ; 太宰治, 岡本かの子, 谷崎潤一郎, 有吉佐和子, 芥川龍之介, 森茉莉, 林芙美子, 石川淳 著 中央公論新社
2016.4
新編・日本幻想文学集成 谷崎潤一郎, 久生十蘭, 岡本かの子, 円地文子 著 ; 松山俊太郎, 橋本治, 堀切直人, 須永朝彦 編 国書刊行会
2016.10
仏教人生読本 岡本かの子 著 中央公論新社
2015.8
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想