大橋 乙羽   (1869-1901)

大橋 乙羽(おおはし おとわ、明治2年6月2日(1869年7月10日) - 明治34年(1901年)6月1日)は、日本の小説家、編集者。 本名、又太郎。 旧姓、渡部。 羽前国米沢(現・山形県米沢市)生れ。 硯友社に入り「こぼれ松葉」「露小袖」などを執筆。 のち博文館主人大橋佐平の養子となり、博文館に入社した。 著書に小説等をまとめた『花鳥集』『若菜籠』、紀行文集『千山万水』など。 [経歴] 1869年6月2日、羽前国米沢の立町二ツ橋畔に生れた。 父は渡部治兵衛、母はかつといい、旅館音羽屋を営んでいた。 北堤小学校に入り、この頃から作文などが得意であった。 卒業後、山形十日町の呉服商富士屋で商...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオハシ オトワ
人物別名 大橋乙羽

大橋, 音羽

大橋, 又四郎

二橋生

蚯蚓庵主人
生年 1869年
没年 1901年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 大橋, 又太郎

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治欧米見聞録集成 山辺権六郎[編] ; 渡辺熊四郎[著] ゆまに書房
1989.5
大正俳家伝 大橋音羽 著 国華社出版部
大正13
教育戊申勅語画談 大橋又四郎 編 富田文陽堂
明43.2
紀行文集 博文館編輯局 編 ; 大橋乙羽 校訂 博文館
1909
欧米小観 大橋乙羽 (又太郎) 著 博文館
明34.7
千山万水 大橋乙羽 著 博文館
明32,33
千山万水 大橋乙羽 著 博文館
明32,33
相撲と芝居 大橋又太郎 編 博文館
明33.5
欧山米水 大橋乙羽 (又太郎) 著 博文館
明33.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
欧米小観 大橋 乙羽
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想