大守 隆   (1951-)

大守 隆(おおもり たかし、1951年3月18日 - )は、日本の経済学者。 東京都市大学環境情報学部教授。 専攻は環境経済学など。 D.Phil.(オックスフォード大学 1990年)。 [人物] 東京都出身。 東教大附属駒場高校を経て1974年に東京大学工学部を卒業し、同年経済企画庁入庁。 大阪大学経済学部教授、経済企画庁調査局内国調査第一課長、内閣府大臣官房審議官(経済財政-運営担当)、内閣府経済社会総合研究所次長(兼)経済財政担当相国際経済アドバイザー等を歴任し、2006年退官。 その後、UBS証券チーフエコノミスト、内閣府政策参与、アジア太平洋経済協力会議(APEC)経済委員会議長等...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオモリ タカシ
人物別名 大守隆
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本経済読本 大守隆編 東洋経済新報社
2021.12
日本経済読本 金森久雄, 大守隆 編 東洋経済新報社
2016.3
入門テキスト環境とエネルギーの経済学 大守隆 著 東洋経済新報社
2016.12
ソーシャル・キャピタル「きずな」の科学とは何か 稲葉陽二, 大守隆, 金光淳, 近藤克則, 辻中豊, 露口健司, 山内直人, 吉野諒三 著 ミネルヴァ書房
2014.6
日本経済読本 金森久雄, 大守隆 編 東洋経済新報社
2013.2
ソーシャル・キャピタルのフロンティア : その到達点と可能性 稲葉陽二, 大守隆, 近藤克則, 宮田加久子, 矢野聡, 吉野諒三 編 ミネルヴァ書房
2011.3
日本経済読本 金森久雄, 香西泰, 大守隆 編 東洋経済新報社
2004.1
ソーシャル・キャピタル : 現代経済社会のガバナンスの基礎 宮川公男, 大守隆 編 東洋経済新報社
2004.9
GDP四半期速報の推計手法に関する統計学的一考察 大守隆 著 内閣府経済社会総合研究所
2002.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想