伍堂 卓雄   (1877-1956)

伍堂 卓雄(ごどう たくお、明治10年(1877年)9月23日 - 昭和31年(1956年)4月7日)は、日本の政治家、実業家、海軍造兵中将。 東京府士族。 正三位。 工学博士。 [生涯] 東京府士族伍堂卓爾の長男。 広島県中学校、東京府尋常中学校、二高を経て、明治34年(1901年)に東京帝国大学工科造兵学科卒業。 その後海軍造兵中技師や海軍大学校教官などを経て、大正13年に呉海軍工廠長となり、同年海軍造兵中将進級。 昭和3年(1928年)満州の昭和製鋼所社長、翌年には満鉄理事となる。 昭和12年(1937年)には林内閣で商工大臣兼鉄道大臣となり、同年貴族院勅選議員に勅任される。 昭和13...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ゴドウ タクオ
人物別名 伍堂卓雄
生年 1877年
没年 1956年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
物資活用を全国民に期待す 伍堂卓雄 述 戦時物資活用協会
昭和15
時局と産業人 伍堂卓雄 [著] 教学局
1939
近代生活に於ける禪堂の意義 ; 時局と産業人 鈴木大拙 [著] ; 伍堂卓雄 [著] 日本文化協会
1939.5
東の日本・西の独逸 伍堂卓雄 著 金星堂
昭13
国防資源論 伍堂卓雄 編 日本評論社
1938
国防資源論 伍堂卓雄 編 日本評論社
昭13
独逸に使して 伍堂卓雄 述 日本経済連盟会
昭13
独逸より帰りて 伍堂卓雄 述 新日本同盟
昭和13
伸びゆく独逸 : ナチス・経済の実相を視る 伍堂卓雄 著 日本評論社
昭13
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
伍堂 卓雄
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想