小栗 虫太郎   (1901-1946)

1901年3月14日、東京神田生まれ。木々高太郎らとともに昭和初期の探偵小説ブームを作る。代表作は『黒死館殺人事件』『完全犯罪』。1946年2月10日、脳溢血のため45歳の若さで死去。Wikipedia「小栗虫太郎

「青空文庫」より

小栗 虫太郎(おぐり むしたろう、1901年(明治34年)3月14日 - 1946年(昭和21年)2月10日)は、日本の小説家、推理作家、秘境冒険作家。 東京都千代田区外神田出身。 本名は小栗 栄次郎(おぐり えいじろう)。 漢語カタカナルビと西洋の知識に彩られた、極度のペダントリー的作風(衒学趣味)で著名。 代表作は、『完全犯罪』や推理小説の三大奇書の一つ『黒死館殺人事件』。 [略歴] 1901年(明治34年)3月14日 、 東京市神田旅籠町(現東京都千代田区外神田)で生誕。 1913年(大正2年)、東京女子高等師範学校附属小学校卒業。 1918年(大正7年)、京華中学校卒業。 1927年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オグリ ムシタロウ
人物別名 小栗虫太郎
生年 1901年
没年 1946年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
法水麟太郎全短篇 小栗虫太郎著 ; 日下三蔵編 河出書房新社
2019.5
人外魔境 小栗虫太郎 著 河出書房新社
2018.1
二十世紀鉄仮面 小栗虫太郎 著 河出書房新社
2017.7
黒死館殺人事件 小栗虫太郎 著 作品社
2017.9
冒険の森へ 集英社クリエイティブ【編】 集英社
2016.3
新編・日本幻想文学集成 夢野久作, 小栗虫太郎, 岡本綺堂, 泉鏡花 著 ; 堀切直人, 松山俊太郎, 種村季弘, 須永朝彦 編 国書刊行会
2016.12
水木しげる漫画大全集 水木しげる 著 講談社
2014.7
シャーロック・ホームズに再び愛をこめて ミステリー文学資料館 編 光文社
2010.7
黒死館殺人事件 小栗虫太郎 原作 ; バラエティ・アートワークス 漫画 イースト・プレス
2010.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想