小川 国夫   (1927-2008)

小川 国夫(おがわ くにお、1927年(昭和2年)12月21日 - 2008年(平成20年)4月8日)は、日本の小説家。 [経歴] 静岡県志太郡藤枝町長楽寺(現在の藤枝市本町)に小川富士太郎・まきの長男として生まれる。 1933年、青島幼稚園に入園。 1934年、青島小学校に入学。 1938年、肺結核に腹膜炎を併発し入院、入院3ヶ月後に自宅療養となり、1941年に小学校に復学するまで、安静療養状態が続いた。 この自宅療養の時期に相当量の読書をしたことが、その後の小川国夫に影響を与えることになった。 1942年、旧制志太中学(現・藤枝東高校)に入学、学徒勤労動員で用宗海岸にある小柳造船所に通う...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オガワ クニオ
人物別名 小川国夫
生年 1927年
没年 2008年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
石川博 編 皓星社
2017.2
アンソロジーしずおか アンソロジーしずおか編集委員会 編 静岡新聞社
2017.2
悲しみの港 小川国夫 著 小学館
2016.4
悲しみの港 小川国夫 著 小学館
2016.4
イシュア記 小川国夫 著 ぷねうま舎
2014.11
動員時代 小川国夫 著 岩波書店
2013.8
イエス・キリストの生涯 小川国夫 著 新教出版社
2013.8
俺たちが十九の時 : 小川国夫初期作品集 小川国夫 著 新潮社
2012.10
ヨレハ記 : 旧約聖書物語 小川国夫 著 ぷねうま舎
2012.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想