樫村 愛子   (1958-)

この人物の情報

人物名ヨミ カシムラ アイコ
人物別名 樫村愛子
生年 1958年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
この社会で働くのはなぜ苦しいのか : 現代の労働をめぐる社会学/精神分析 樫村愛子著 作品社
2019.10
岩波講座現代 大澤真幸, 佐藤卓己, 杉田敦, 中島秀人, 諸富徹 編集委員 岩波書店
2015.12
臨床社会学ならこう考える : 生き延びるための理論と実践 樫村愛子 著 青土社
2009.11
ネオリベラリズムの精神分析 : なぜ伝統や文化が求められるのか 樫村愛子 著 光文社
2007.8
ネオリベ現代生活批判序説 白石嘉治, 大野英士 編 ; 入江公康, 樫村愛子, 矢部史郎, 岡山茂 述 新評論
2005.10
「心理学化する社会」の臨床社会学 樫村愛子 著 世織書房
2003.3
フェミニズムと精神分析事典 エリザベス・ライト 編 ; 岡崎宏樹 ほか訳 多賀
2002.1
宗教と社会問題の<あいだ> : カルト問題を考える 南山宗教文化研究所 編 青弓社
2002.8
現代フェミニズム思想辞典 ソニア・アンダマール, テリー・ロヴェル, キャロル・ウォルコウィッツ 著 ; 奥田暁子 監訳 ; 樫村愛子, 金子珠理, 小松加代子 訳 明石書店
2000.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想