安田 敏朗   (1968-)

安田 敏朗(やすだ としあき、1968年 - )は、日本の言語学者。 一橋大学大学院言語社会研究科准教授。 近代国語史・東アジア言語政策史専攻。 カルチュラル・スタディーズの立場から、近代日本の国文学・国語学のナショナリズム的偏向を批判する研究を行っている。 [学歴] 1987年、栄光学園高等学校卒。 1991年東京大学文学部国語学科卒業、東芝に勤めるが、1992年東大大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程入学、1994年修了、1996年同博士課程修了。 博士(学術)(東京大学、1996年3月)。 [略歴] 1995年7月~1996年5月 - 日本学術振興会特別研究員 1996年6月...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤスダ トシアキ
人物別名 安田敏朗
生年 1968年
没年 -
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「国語」ってなんだろう 安田敏朗著 清水書院
2020.7
近代日本言語史再考 安田敏朗 著 三元社
2018.1
学問をしばるもの 井上章一 編 思文閣
2017.10
漢字廃止の思想史 安田敏朗 著 平凡社
2016.4
日本語学のまなざし 安田敏朗 著 三元社
2012.6
国語のため 上田万年 著 ; 安田敏朗 校注 平凡社
2011.4
「多言語社会」という幻想 : 近代日本言語史再考 4 安田敏朗 編著 三元社
2011.4
かれらの日本語 : 台湾「残留」日本語論 安田敏朗 著 人文書院
2011.11
媒介言語論を学ぶ人のために 木村護郎クリストフ, 渡辺克義 編 世界思想社
2009.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想