沢山 美果子   (1951-)

沢山 美果子(さわやま みかこ、1951年2月 - )は、日本の歴史学者。 専攻は日本史(近世女性史)。 [概略] 1973年、福島大学教育学部中学校教員養成課程卒業。 1975年、お茶の水女子大学大学院教育学研究科修士課程修了、1979年同大学院人間文化研究科人間発達学博士課程単位取得満期退学。 1998年に学位論文「出産と身体の近世」で博士(学術)。 先行研究の少ない、日本近世における農村の性に関する実証的研究を行っている。 1979年東京都婦人情報センター専門員、1980年岡山理科大学非常勤講師、1982年順正短期大学(現・吉備国際大学短期大学部)幼児教育科助教授ののち、同教授を歴任。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サワヤマ ミカコ
人物別名 沢山美果子
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
性からよむ江戸時代 : 生活の現場から 沢山美果子著 岩波書店
2020.8
江戸の乳と子ども 沢山美果子 著 吉川弘文館
2017.1
講座明治維新 明治維新史学会 編 有志舎
2015.2
保護と遺棄の子ども史 橋本伸也, 沢山美果子 編 昭和堂
2014.6
環境の日本史 水本 邦彦【編】 吉川弘文館
2013.1
近代家族と子育て 沢山美果子 著 吉川弘文館
2013.3
福祉国家と教育 : 比較教育社会史の新たな展開に向けて 広田照幸, 橋本伸也, 岩下誠 編 昭和堂
2013.11
江戸の捨て子たち 沢山美果子 著 吉川弘文館
2008.5
働くこととジェンダー 倉地克直, 沢山美果子 編 世界思想社
2008.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想