尾高 朝雄   (1899-1956)

尾高 朝雄(おたか ともお、1899年1月28日 - 1956年5月15日)は、日本の法学者。 専門は法哲学。 日本統治下にあった朝鮮の釜山府生まれ。 日本学士院会員。 第3期日本学術会議副会長。 [人物] 漢学者で銀行家である尾高次郎の三男として東京市根岸に生まれる。 父方の祖父の尾高新五郎惇忠は殖産家であり、民営富岡製糸場所長を務めた。 母方の祖父は実業家で子爵の渋沢栄一。 伯母の尾高ゆうは富岡製糸場伝習工女第一号として著名。 兄は郷土教育家の尾高豊作、弟には早世した鮮之助、社会学者の尾高邦雄と指揮者の尾高尚忠がいる。 娘は久留都茂子(元・東京女学館短期大学学長)。 1916年に東京高等...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オダカ トモオ
人物別名 尾高朝雄
生年 1899年
没年 1956年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
実定法秩序論 尾高朝雄著 書肆心水
2019.4
国民主権と天皇制 尾高朝雄 [著] 講談社
2019.6
法と世の事実とのずれ 尾高朝雄著 書肆心水
2019.11
自由・相対主義・自然法 尾高朝雄 著 書肆心水
2018.1
ノモス主権への法哲学 尾高朝雄 著 書肆心水
2017.5
天皇制の国民主権とノモス主権論 尾高朝雄 著 書肆心水
2014.3
自由論 尾高朝雄 著 ロゴス社
本の泉社
2006.10
民主主義の法律原理 尾高朝雄 ほか著 有斐閣
1997.8
法学概論 尾高朝雄 著 有斐閣
1984.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想