大庭 脩   (1927-2002)

大庭 脩(おおば おさむ、昭和2年(1927年)1月20日 - 平成14年(2002年)11月27日)は、日本の歴史学者。 専門は中国簡牘学・日本木簡学・中国法制史・日中関係史。 皇學館大学元学長、関西大学名誉教授、大阪府立近つ飛鳥博物館元館長。 正五位。 勲三等旭日中綬章。 文学博士(関西大学)。 [人物・略伝] 大阪府出身。 北野中学校在学中に歴史研究、とくに日本近世思想史をこころざし、浪速高等学校在学中に吉田松陰の『講孟余話』の輪読会に参加した。 その際、吉田松陰の思想を理解するには中国古典の理解の必要性を感じ、併せて、終戦後の歴史の転換点に遭遇し、日本を理解するには中国を理解せねばな...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオバ オサム
人物別名 大庭脩
生年 1927年
没年 2002年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
『漢書』百官公卿表訳注 大庭脩 監修 ; 『漢書』百官公卿表研究会 訳注 朋友書店
2014.11
木片に残った文字 大庭脩 著 ; 大庭脩先生遺稿集刊行会 編 柳原
2007.11
日中交流史話 : 江戸時代の日中関係を読む 大庭脩 著 燃焼社
2003.4
唐告身と日本古代の位階制 大庭脩 著 皇学館出版部
2003.11
長崎唐館図集成 大庭脩 編著 関西大学東西学術研究所
2003.11
木片に残った文字 : 中国木簡の世界 大庭脩著 大場博子
2003.11
漂着船物語 : 江戸時代の日中交流 大庭脩 著 岩波書店
2001.8
親魏倭王 大庭脩 著 学生社
2001.9
漢簡の基礎的研究 大庭脩 編 思文閣
1999.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想