杉村 靖彦   (1965-)

杉村 靖彦(すぎむら やすひこ、1965年12月19日 - )は、日本の哲学者。 京都大学大学院文学研究科准教授。 専門はフランス哲学や京都学派を中心とする宗教哲学。 博士(文学)(京都大学、1996年)。 大阪府出身。 [来歴] ポール・リクールの思想を研究。 パリ第一大学、パリ・カトリック学院に留学し、ジャン・グレーシュの指導を受け、リクール本人とも交友を持つ。 現在は、ナベール、レヴィナスなどのフランス現代哲学と京都学派を発想源に宗教哲学研究を行っている。 京都大学での指導教官は上田閑照、長谷正當。 [略歴] 1988年 京都大学文学部哲学科 卒業 1993年 パリ第一大学にてDEA...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スギムラ ヤスヒコ
人物別名 杉村靖彦
生年 1965年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
宗教事象事典 レジーヌ・アズリア, ダニエル・エルヴュー=レジェ編 ; 増田一夫 [ほか] 編訳 みすず書房
2019.5
フランス現象学の現在 米虫正巳 編 法政大学出版局
2016.9
悪についての試論 ジャン・ナベール [著] ; 杉村靖彦 訳 法政大学出版局
2014.2
ポール・リクール ジャン・グロンダン 著 ; 杉村靖彦 訳 白水社
2014.7
年表で読む哲学・思想小事典 ドミニク・フォルシェー 著 ; 菊地伸二, 杉村靖彦, 松田克進 訳 白水社
2014.9
『存在と時間』講義 : 統合的解釈の試み ジャン・グレーシュ 著 ; 杉村靖彦, 松本直樹, 重松健人, 関根小織, 鶴真一, 伊原木大祐, 川口茂雄 訳 法政大学出版局
2007.9
年表で読む哲学・思想小事典 ドミニク・フォルシェー 著 ; 菊地伸二, 杉村靖彦, 松田克進 訳 白水社
2001.2
ポール・リクールの思想 杉村靖彦 著 創文社
1998.2
Considérations inactuelles : Bergson et la philosophie française du XIXe siècle Shin Abiko, Hisashi Fujita, Yasuhiko Sugimura (éds.) G. Olms
2017
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想