百橋 明穂   (1948-)

百橋明穂(どのはし あきお、1948年5月24日- )は、日本の美術史学者、神戸大学名誉教授。 [略歴] 富山県生まれ。 1971年東京大学文学部美学美術史卒、1974年同大学院美術史修士課程修了、奈良国立文化財研究所勤務。 1980年奈良国立博物館学芸員。 1981年神戸大学文学部助教授、95年教授、2013年定年退任、名誉教授。 2000年「仏教美術史論」で東大文学博士。 2005年鄭州大学客員教授。 2009年甘粛省博物館客員研究員、蘭州大学客員教授。 [著書] 『仏教美術史論』中央公論美術出版 2000 『古代壁画の世界 高松塚・キトラ・法隆寺金堂』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ドノハシ アキオ
人物別名 百橋明穂
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
丹青よし 百橋明穂 著 中央公論美術
2017.5
書に法あり 孫暁雲 著 ; 百橋明穂 監訳 ; 丁成東, 徐光輝, 山本孝子, 田林啓 訳 中央公論美術
2015.7
古代壁画の世界 : 高松塚・キトラ・法隆寺金堂 百橋明穂 著 吉川弘文館
2010.6
加西の石仏 加西市史編さん委員会編集 加西市
2007.3
専門技能と技術 上原真人, 白石太一郎, 吉川真司, 吉村武彦 編 岩波書店
2006.2
聖徳太子絵像・絵伝・木像 信仰の造形的表現研究委員会 編 同朋舎メディアプラン
2006.4(第2刷)
美術講演会講演録 青柳正規, 百橋明穂, 有賀祥隆 述 ; 鹿島美術財団 編 鹿島出版会
2005.11
万葉古代学 : 万葉びとは何を思い、どう生きたか 中西進 ほか編著 大和書房
2003.5
仏教美術史論 百橋明穂 著 中央公論美術
2000.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想