福永 文夫   (1953-)

福永 文夫(ふくなが ふみお、1953年 - )は、日本の政治学者、歴史学者。 専門は、日本政治外交史・政治学。 兵庫県生まれ。 神戸大学法学部卒業後、1985年年神戸大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。 大学院時代に五百籏頭真のもとで学ぶ。 獨協大学法学部総合政策学科教授。 研究テーマは、占領期から戦後日本の政党政治。 日本占領史研究会の後継である占領・戦後史研究会代表。 [著書] 『占領下中道政権の形成と崩壊―民政局と日本社会党』(岩波書店、1997年) 『戦後日本の再生―1945年~1964年』(丸善、2004年) 『大平正芳―「戦後保守」とは何か』(中公新書、2008年) ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フクナガ フミオ
人物別名 福永文夫
生年 1953年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大平正芳秘書官日記 森田一著 ; 福永文夫, 井上正也編 東京堂
2018.4
日記で読む近現代日本政治史 黒沢文貴, 季武嘉也 編著 ミネルヴァ書房
2017.4
田中角栄 朝賀昭 著 ; 福永文夫, 服部龍二, 雨宮昭一, 若月秀和 編 第一法規
2015.3
第二の「戦後」の形成過程 福永文夫 編 有斐閣
2015.12
河上丈太郎日記 河上丈太郎 著 ; 福永文夫, 「関西学院と社会運動人脈」研究会 監修 関西学院大学出版会
2014.3
戦後とは何か 渡邉昭夫, 村松岐夫, 大嶽秀夫, 牧原出, 成田龍一 著 ; 福永文夫, 河野康子 編 丸善
2014.6
戦後とは何か 加藤陽子, 雨宮昭一, 鹿毛利枝子, 天川晃, 猪木武徳, 五百旗頭真 著 ; 福永文夫, 河野康子 編 丸善
2014.6
日本占領史1945-1952 福永文夫 著 中央公論新社
2014.12
ポスト・ベッドタウンシステムの研究 雨宮昭一, 福永文夫, 獨協大学地域総合研究所 編著 丸善プラネット
丸善出版
2013.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想