円地 文子   (1905-1986)

円地 文子(えんち ふみこ、本名(富美 ふみ)、1905年(明治38年)10月2日 - 1986年(昭和61年)11月14日)は、日本の小説家。 [人物] 東京府東京市浅草区向柳原(現在の東京都台東区浅草橋)出身。 日本女子大学付属高等女学校(現在の日本女子大学附属高等学校)4年次中退。 東京大学国語学教授上田萬年の次女。 夫は『東京日日新聞』の記者だった円地与志松。 当時世間的には与志松のほうが有名だった。 一人娘・素子(1932-2014)の夫は、核物理学者・高エネルギー物理学研究所(KEK 現・高エネルギー加速器研究機構)名誉教授だった冨家和雄(1928-2005)。 幼少時より病弱で...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エンチ フミコ
人物別名 円地文子

円地, 富美

Enchi, Fumiko

Fumiko Enchi
生年 1905年
没年 1986年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本名城紀行 森敦, 藤沢周平, 円地文子, 杉浦明平, 飯沢匡, 永岡慶之助, 奈良本辰也, 北畠八穂, 杉森久英 著 小学館
2018.2
耳瓔珞 安野モヨコ 選・画 ; 芥川龍之介, 有吉佐和子, 円地文子, 岡本かの子, 織田作之助, 川端康成, 白洲正子 著 中央公論新社
2017.4
新編・日本幻想文学集成 谷崎潤一郎, 久生十蘭, 岡本かの子, 円地文子 著 ; 松山俊太郎, 橋本治, 堀切直人, 須永朝彦 編 国書刊行会
2016.10
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2015.3
虹と修羅 円地文子 著 講談社
2013.5
幻妖の水脈(みお) 東雅夫 編 ; 夏目漱石 ほか 著 筑摩書房
2013.9
古典夜話 : けり子とかも子の対談集 円地文子, 白洲正子 著 新潮社
2013.12
ちくま哲学の森 鶴見俊輔, 安野光雅, 森毅, 井上ひさし, 池内紀 編 筑摩書房
2012.1
傷ある翼 円地文子 著 講談社
2011.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想