能勢 朝次   (1894-1955)

能勢 朝次(のせ あさじ、1894年(明治27年)4月1日 - 1955年(昭和30年)2月25日)は、日本の能楽研究者、国文学者。 京都府北桑田郡山国村に生まれる。 1923年(大正12年)京都帝国大学国文科卒業。 1924年(大正13年)大谷大学教授となる。 以降、京都帝国大学、東京高等師範学校、東京文理科大学、東京教育大学などで教職につき、1954年(昭和29年)奈良学芸大学学長となった。 中世、近世文学研究を専門とし、とくに能楽研究の分野では膨大な史料を分析的に使う手法と卓抜した創見で斯界に一時代を画した。 主著は1938年(昭和13年)に上梓された『能楽源流考』(岩波書店)。 「平安...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノセ アサジ
人物別名 能勢朝次
生年 1894年
没年 1955年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新芭蕉講座 小宮豊隆, 能勢朝次著 三省堂
1995.8
新 芭蕉講座 加藤 楸邨;尾形 仂【著】 三省堂
1995.8.1
能勢朝次著作集 能勢朝次著作集編集委員会 編 思文閣
1985.3
能勢朝次著作集 能勢朝次著作集編集委員会 編 思文閣
1985.5
能勢朝次著作集 能勢朝次著作集編集委員会 編 思文閣
1984.9
能勢朝次著作集 能勢朝次著作集編集委員会 編 思文閣
1983.10
能勢朝次著作集 能勢朝次著作集編集委員会 編 思文閣
1982.3
能勢朝次著作集 態勢朝次著作集編集委員会 編 思文閣
1982.5
能勢朝次著作集 能勢朝次著作集編集委員会 編 思文閣
1982.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想