黒崎 卓   (1964-)

黒崎 卓(くろさき たかし、1964年 - )は、日本の経済学者。 国内の開発経済学者の代表的学者の一人である。 専門は開発経済学および南アジア地域経済論。 計量経済学や数理経済学、統計学に根ざした数理アプローチで開発経済学研究を進めている。 元アジア経済研究所常勤研究員。 現在は国立大学法人一橋大学経済研究所教授。 枝野幸男(衆議院議員)や鷺谷威(地震学者、名古屋大学准教授)とは高校の同級生。 [経歴] 1964年 栃木県河内郡河内村の農家に生まれる 1983年3月 栃木県立宇都宮高等学校卒業 1987年3月 東京大学教養学部教養学科卒 1991年6月 スタンフォード大学大学院食糧学修士...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クロサキ タカシ
人物別名 黒崎卓

Kurosaki, Takashi
生年 1964年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代・現代 長崎暢子編 山川出版社
2019.3
開発経済学 黒崎卓, 山形辰史 著 日本評論社
2017.4
貧困と飢饉 アマルティア・セン [著] ; 黒崎卓, 山崎幸治 訳 岩波書店
2017.7
ストーリーで学ぶ開発経済学 黒崎卓, 栗田匡相 著 有斐閣
2016.3
開発のミクロ経済学 : 理論と応用 黒崎卓著 岩波書店
2016.4
これからの日本の国際協力 黒崎卓, 大塚啓二郎 編著 日本評論社
2015.2
貧困と脆弱性の経済分析 黒崎卓 著 勁草書房
2009.1
アジア経済読本 渡辺利夫 編 東洋経済新報社
2009.12
現代パキスタン分析 : 民族・国民・国家 黒崎卓, 子島進, 山根聡 編 岩波書店
2004.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想