西村 可明   (1942-)

西村 可明(にしむら よしあき、1942年5月13日 - )は、日本の経済学者、一橋大学名誉教授。 [略歴] 東京生まれ。 1968年横浜国立大学経済学部卒、1974年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修得退学、一橋大学経済研究所助教授、85年教授。 1986年「現代社会主義における所有と意思決定」で一橋大学経済学博士。 2002‐04年一橋大学経済研究所所長、2004-08年副学長、定年退任、名誉教授、2009年1月 ERINA所長、2010年同理事長兼所長。 2003‐05年日本学術会議会員。 [著書] 『現代社会主義における所有と意思決定』岩波書店 一橋大学経済研究叢書 1986...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニシムラ ヨシアキ
人物別名 西村可明

Nishimura, Yoshiaki

Yoshiaki Nishimura

Нисимура, Йосиаки
生年 1942年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
中ロの石油・ガス協力 パイク・グンウク 著 ; 西村可明, 環日本海経済研究所 訳 文真堂
2016.2
回想の都留重人 : 資本主義、社会主義、そして環境 尾高煌之助, 西沢保 編 勁草書房
2010.4
移行経済国の年金改革 : 中東欧・旧ソ連諸国の経験と日本への教訓 西村可明 編著 ミネルヴァ書房
2006.11
ロシア・東欧経済 : 市場経済移行の到達点 西村可明 編 日本国際問題研究所
2004.10
金正日による対外政策および経済政策の転換 ; ロシア経済の動向 中川雅彦 [著] ; 西村可明 [著] 統計研究会
2003.7
旧ソ連・東欧における市場経済化と国際資本移動 研究代表者西村可明 西村可明(一橋大学)
2002.3
旧ソ連・東欧における国際経済関係の新展開 西村可明 編著 日本評論社
2000.4
スラブ・ユーラシアの変動 : 自存と共存の条件 田畑伸一郎編 北海道大学スラブ研究センター
1998.3
ハンガリーにおける外国直接投資 西村可明 Institute of Economic Research Hitotsubashi University
1998.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想