西村 貞二   (1913-2004)

西村 貞二(にしむら ていじ、1913年 - 2004年)は歴史学者、東北大学名誉教授。 京都生まれ。 イギリス文学者西村孝次の弟で、文芸評論家小林秀雄の従弟。 東京帝国大学西洋史学科卒業。 東北大学教授を務め、退官後、名誉教授。 西洋史のルネサンス期を専門とし、近代ヨーロッパの歴史家についても、伝記研究・訳書を多数出版した。 [著書] 『歴史』 目黒書店(文化科学選書), 1946年 『ルネサンス精神史序説』 生活社, 1947年 『フンボルト』 有斐閣, 1959年 『教養としての世界史』 講談社現代新書, 1966年 『現代ドイツの歴史学』 未來社, 1968年 『大世界史第10巻 神...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニシムラ テイジ
人物別名 西村貞二
生年 1913年
没年 2004年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
レオナルド=ダ=ヴィンチ 西村貞二 著 清水書院
2017.3
マイネッケ 西村貞二 著 清水書院
2016.3
マキアヴェリ 西村貞二 著 清水書院
2016.6
フンボルト 西村貞二 著 清水書院
2015.9
ブルクハルト 西村貞二 著 清水書院
2015.9
リッター 西村貞二 著 清水書院
2015.9
アウグスティヌス トレルチ 著 ; 西村貞二 訳 新教出版社
2008.1
歴史学の遠近 西村貞二 著 東北大学出版会
1997.9
リッター 西村貞二 著 清水書院
1995.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想