西 晋一郎   (1873-1943)

西 晋一郎(にし しんいちろう、1873年(明治6年)3月29日 - 1943年(昭和18年)11月13日)は、日本の倫理哲学者。 文学博士。 京都帝国大学の西田幾多郎博士とともに"両西”と呼ばれ、倫理哲学界の重鎮であった。 [経歴] 鳥取県鳥取市で西昇蔵の長男として生まれる。 山口高校を経て東京帝国大学に入り、1899年(明治32年)に同大学哲学科を卒業した。 広島高等師範学校が設立されるとともに同校教授となり、同校が文理科大学となって引き続きその教授となっている。 昭和18年(1943年)正月の宮中の講書の儀には昭和天皇に論語の漢籍を進講している。 [著書] グリーン氏倫理学序論 育成...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニシ シンイチロウ
人物別名 西晋一郎
生年 1873年
没年 1943年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
西晋一郎先生遺墨遺教集 木南卓一編著 木南卓一
2010.11
國民道徳講話 西晋一郎著 ; 木南卓一編 木南卓一
2007.2
中江藤樹の学徳 西晋一郎著 ; 木南卓一編 木南卓一
2006.5
大學解 : 並古本大學全解 中江藤樹原著 ; 西晋一郎通解 木南卓一
2004.6
人倫の道 : 西晋一郎語録 西晋一郎 著 ; 寺田一清 編 致知出版社
2004.5
西洋中世倫理 : 修道院と神秘主義 : 西晋一郎先生講義 井上順理, 工藤真澄, 和田隆筆記 木南卓一
2004.9
藤樹學講話 西晋一郎著 木南卓一
2003.2
教学論・文教論 西晋一郎著 ; 木南卓一編 木南卓一
2002.8
二宮尊徳の思想 西晋一郎先生講述 ; 木南卓一編 木南卓一
2002.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想