新関 良三   (1889-1979)

新関 良三(にいぜき りょうぞう、1889年8月4日 - 1979年4月27日)は、ドイツ文学者、演劇研究者、文化功労者。 山形県生まれ。 旧姓・平泉。 東京帝国大学卒。 シラー研究から始まり、ギリシャ悲劇を始めとする比較演劇研究者として多くの業績を残した。 1943年『ギリシャ・ローマ演劇史』で帝国学士院賞・恩賜賞受賞。 第四高等学校教授、学習院教授を務め、戦後は埼玉大学学長、共立女子大学教授を務めた。 息子はソ連大使を務めた外交官の新関欽哉。 学習院時代の三島由紀夫の担任教師でもあった。 1963年日本学士院会員。 [人物] 教え子であった三島由紀夫は、「一にもシラー、二にもシラーの、シ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニイゼキ リョウゾウ
人物別名 新関良三

新關, 良三
生年 1889年
没年 1979年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
シラー戯曲研究『群盗』 新関良三 著 三修社
1982.8
ドイツ文学点描集 新関良三著 学術図書
1980.7
新関良三演劇論文集 新関良三著 東京堂
1977.6
現代のギリシャ悲劇 : 復活と創作 新関良三 著 東京堂
1968
現代のギリシャ悲劇 : 復活と創作 新関良三 著 東京堂
1968
詩人シラー : 研究と随想 新関良三 著 筑摩書房
1967
劇文学の比較研究 新関良三 著 東京堂出版部
1964
劇文学の比較研究 新関良三著 東京堂
1964.5
ギリシャ・ローマの演劇 新関良三 著 東京堂
1960
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想