新島 繁   (1901-1957)

新島 繁(にいじま しげる、1901年11月3日 - 1957年12月19日)は、評論家、ドイツ文学者。 [経歴] 山口県生まれ。 本名は野上巖(のがみ いわお)。 東京帝国大学独文科卒。 日本大学予科教授となり、1929年プロレタリア科学研究所に参加する。 1931年日大を辞職させられる。 1932年唯物論研究会に参加、その後治安維持法違反などで投獄される。 戦後、日本民主主義文化連盟、民主主義科学者協会などの創立に参加。 1955年神戸大学教授となる。 文学の翻訳の時は本名を用いた。 映画記録者・野上照代の父であり、映画「母べえ」に登場するが、獄中で亡くなったというのはフィクションである...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニイジマ シゲル
人物別名 新島繁
生年 1901年
没年 1957年
職業・経歴等 文学研究者
をも見よ 野上, 巌(1901-1957)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界名著解題選 新島繁編著 ゆまに書房
1991.2
世界名著解題選 新島繁編著 ゆまに書房
1991.2
世界名著解題選 新島繁編著 ゆまに書房
1991.2
唯物論全書 : Ⅲ芸術・生活・運動 芝田進午 ほか編 久山社
1991.5
社会運動思想史 新島繁 著 新日本出版社
1958 3版
社会科学文献解題 新島繁 編著 春秋社
東峰書房
1950
社会科学文献解題 新島繁 編著 春秋社
東峰書房
1950
社会科学文献解題 新島繁 編著 春秋社
東峰書房
1950
ジャーナリズム 新島繁 著 ナウカ社
1950
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想