浪本 勝年   (1942-)

浪本 勝年(なみもと かつとし、1942年9月9日 - )は、日本の教育学者。 立正大学心理学部臨床心理学科元教授。 専門は教育法学、教育行政学。 教育基本法、教科書裁判の研究で著名。 日本教育政策学会では、会長(2005年7月~2011年7月/第5~6期)を務めた経験があり、現在は関東地方区理事を担当している。 [略歴] 岡山県倉敷市出身 東京大学大学院教育研究科博士後期課程(教育行政科専攻)満期退学。 大学院時代は宗像誠也に師事。 立正大学文学部講師、助教授を経て、立正大学心理学部教授となり、2013年3月退職。 その間、ロンドン大学特別研究員など。 [所属学会] 日本教育政策学会(関...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナミモト カツトシ
人物別名 浪本勝年
生年 1942年
没年 -
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ハンディ教育六法 浪本勝年, 廣田健, 山口拓史, 白川優治, 堀井雅道, 石本祐二 編 北樹
2017.4
新教育実習を考える 岩本俊郎, 大津悦夫, 浪本勝年 編著 北樹
2017.4
史料・道徳教育を考える 浪本勝年, 岩本俊郎, 佐伯知美, 岩本俊一 編 北樹
2017.4
ハンディ教育六法 浪本勝年, 廣田健, 山口拓史, 白川優治, 堀井雅道, 石本祐二, 海老沢隼悟 編 北樹
2016.4
現代日本の教育を考える 岩本俊郎, 浪本勝年 編著 北樹
2016.4
ハンディ教育六法 浪本勝年, 廣田健, 山口拓史, 白川優治, 堀井雅道, 石本祐二, 海老沢隼悟 編 北樹
2015.4
ハンディ教育六法 浪本勝年, 伊藤良高, 山口拓史, 廣田健, 白川優治, 石本祐二, 海老沢隼悟 編 北樹
2014.4
教育の法と制度 浪本勝年 編 学文社
2014.4
現代日本の教師を考える 岩本俊郎, 浪本勝年 編著 北樹
2014.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想