尾上 菊五郎   (1942-)

七代目 尾上菊五郎(しちだいめ おのえ きくごろう、1942年10月2日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。 歌舞伎名跡「尾上菊五郎」の当代。 本名は寺島 秀幸(てらしま ひでゆき)。 屋号は音羽屋。 定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。 妻は富司純子、長女は寺島しのぶ、長男は五代目尾上菊之助。 [来歴・人物] 20代の菊之助時代に三之助の一人として人気を博した。 またその端整な顔立ちから、NHK大河ドラマ『源義経』(1966/昭和41年)を当時最年少で主演した。 静御前に扮した藤純子とはこの共演を縁に、後に結婚した。 かつては女形中心だったが、年を増すごとに男っぽさが強くなり、立役中心とな...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オノエ キクゴロウ
人物別名 尾上菊五郎
生年 1942年
没年 -
職業・経歴等 俳優

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
姫路城音菊礎石 : 通し狂言 : 五幕九場 : 『袖簿播州廻』より 並木五瓶作 ; 尾上菊五郎監修 ; 国立劇場文芸研究会補綴 国立劇場
2019.1
世界花小栗判官 : 通し狂言 : 四幕十場 : 『姫競双葉絵草紙』より 近松徳三, 奈河篤助作 ; 尾上菊五郎監修 ; 国立劇場文芸研究会補綴 国立劇場
2018.1
増補忠臣蔵 : 本蔵下屋敷 : 一幕二場. 梅雨小袖昔八丈 : 髪結新三 : 三幕六場 河竹黙阿弥 作 ; 尾上菊五郎 監修 国立劇場
2018.3
しらぬい譚 柳下亭種員 ほか作 ; 尾上菊五郎 監修 ; 国立劇場文芸研究会 脚本 国立劇場
2017.1
小春穏沖津白浪 河竹黙阿弥 作 ; 木村錦花 改修 ; 尾上菊五郎 監修 ; 国立劇場文芸研究会 補綴 国立劇場
2016.1
南総里見八犬伝 曲亭馬琴 作 ; 渥美清太郎 脚色 ; 尾上菊五郎 監修 ; 国立劇場文芸研究会 補綴 国立劇場
2015.1
三千両初春駒曳 辰岡万作 作 ; 尾上菊五郎 監修 ; 国立劇場文芸研究会 補綴 国立劇場
2014.1
夢市男達競 : 西行が猫頼豪が鼠 : 六幕十場 : 河竹黙阿弥没後百二十年 河竹黙阿弥 作 ; 尾上菊五郎 監修 ; 国立劇場文芸課 補綴 国立劇場
2013.1
四天王御江戸鏑 : 通し狂言 : 五幕八場 福森久助 作 ; 尾上菊五郎 監修 ; 国立劇場文芸課 補綴 国立劇場
2011.1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想