中島 竦   (1861-1940)

中島 竦(なかじま・しょう、1861年-1940年6月11日)は、明治から昭和にかけての漢学者。 竦は「たかし」とも読む。 幼名は辣之助、字は翹之。 号は玉振(道人)または蠔山(介夫)。 兄に中島綽軒(靖)・中島斗南(端)、弟に関翊・山本開蔵・中島田人(作家・中島敦の父)・中島比多吉がいる。 [生涯] 漢学者であった中島撫山の三男として、武蔵国埼玉郡久喜本町に生まれる。 父について皇漢学を修め、兄の斗南とともに父の私塾・幸魂教舎で弟子たちに教える。 1885年に幸魂学舎を私立専門学校として改めて設置した言揚学舎の名義人・教員となり、1887年には尋常師範学校・尋常中学校・高等女学校教員免許状...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカジマ ショウ
人物別名 中島竦

玉振
生年 1861年
没年 1940年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 中島竦 著 文求堂
昭11至12
書契淵源 : 3綱 中島竦 著 文求堂書店
昭和12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想