相良 知安   (1836-1906)

相良知安(さがらともやす、1836年 - 1906年)は、佐賀藩出身の蘭方医。 [略歴] 佐倉順天堂で佐藤泰然、長崎精得館でオランダ人医師ボードインにより医学を学ぶ。 明治政府に、イギリス医学ではなくドイツ医学の採用を進言しその説が採用される。 明治初期の医療行政において文部省医務局長などの役職を経験したが、強引なドイツ医学の採用の進言の経緯でウィリスを推していた西郷隆盛や山内容堂の体面をつぶしたことで薩摩閥、土佐閥の恨みを受けた。 明治3年友安の部下の大学会計の不正疑惑に連座して収監された。 この時の弾正台長は土佐閥の河野敏鎌であった。 後に石黒忠悳、江藤新平らの献策により出獄が適い復職が...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サガラ チアン
人物別名 相良知安

弘庵
生年 1836年
没年 1906年
職業・経歴等 医師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
相良知安翁懐旧譚 : 相良知安翁口述「医海時報」連載 : 明治37年 [相良知安] 相良隆弘
[2014.3]
Bijzonde handboekjes bijzondel physiologie natuurkunde van den gezonden mensc mensch Sagala ... [et al.] s.n.
18--
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想