坂田 勝郎   (1904-1990)

坂田 勝郎(さかた かつろう、1904年(明治37年)10月1日 - 1990年(平成2年)1月16日)は、毎日放送元社長・会長、毎日新聞社元社長。 [来歴・人物] 宮崎県延岡市出身。 旧制第五高等学校を経て、京都大学卒業後、1932年(昭和7年)に大阪毎日新聞社へ入社。 1943年(昭和18年)の東京日日新聞社との合併で新会社となった毎日新聞社に転籍。 バンコク特派員、広島支局長、郷里である宮崎支局長、宮崎放送取締役を務め、毎日新聞社社長に就任した。 [来歴・人物] 1965年(昭和40年)、毎日新聞大阪本社時代からの先輩だった毎日放送第2代社長高橋信三の要請で副社長として毎日放送に移る...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカタ カツロウ
人物別名 坂田勝郎
生年 1904年
没年 1990年
職業・経歴等 ジャーナリスト

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
追想坂田勝郎 坂田勝郎追悼録編集委員会 編 毎日放送
1991.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想