中山 太郎   (1924-)

中山 太郎(なかやま たろう、1924年(大正13年)8月27日 - )は、日本の政治家、医師。 勲等は勲一等旭日大綬章、学位は医学博士(大阪医科大学)。 外務大臣(第116・117代)、総理府総務長官(第30代)、沖縄開発庁長官(第11代)、衆議院憲法調査会長、衆議院議員(7期)、参議院議員(3期)、大阪府議会議員(4期)等を歴任した。 父は元参議院議員の中山福蔵。 日本で初めて女性で閣僚(厚生大臣)を務めた元衆議院議員の中山マサは母。 弟に元建設大臣の中山正暉がおり、長男は第一三共の代表取締役兼CEOである中山譲治、甥に衆議院議員の中山泰秀がいる。 [来歴] 大阪府大阪市生まれ。 195...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカヤマ タロウ
人物別名 中山太郎
生年 1924年
没年 -
職業・経歴等 衆議院議員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人生はわからないからおもしろい 中山太郎 著 中央公論新社
2012.9
国民的合意をめざした医療 : 臓器移植法の成立と改正までの25年 中山太郎 著 はる書房
2011.6
自民党の智恵 シンクタンク2005・日本 編 成甲書房
2008.1
未来の日本を創るのは君だ! : 15歳からの憲法改正論 中山太郎 著 PHP研究所
2008.11
実録憲法改正国民投票への道 中山太郎 著 中央公論新社
2008.11
憲法千一夜 : 衆議院憲法調査会への道 中山太郎 著 中央公論新社
2005.4
世界は「憲法前文」をどう作っているか 中山太郎 編 ティビーエス・ブリタニカ
2001.11
アジアは21世紀にどう動くか 中山太郎 著 ティビーエス・ブリタニカ
1997.9
二つの敗戦国家 : 日本とドイツの五十年 中山太郎 著 読売新聞社
1995.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想