中野 収   (1933-)

中野 収(なかの おさむ、1933年4月26日 - 2006年1月14日)は、日本の社会学者、法政大学名誉教授。 [来歴] 長野県松本市出身、都立日比谷高校を経て、1963年東京大学大学院博士課程中退、法政大学社会学部専任講師、助教授をへて1972年教授、2004年定年退職、名誉教授。 コミュニケーション論、記号論、メディア論が専門領域であり、テレビ批評、若者文化論などで人気があった。 「しゅう」とも読まれた。 2001年『メディア人間』で大川出版賞。 噂の眞相誌で知られる岡留安則や、宅八郎などがゼミ生だった。 [著書] 『ビートルズ現象』(紀伊国屋書店、1978年) 『現代人の情報行動』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカノ オサム
人物別名 中野収
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
精神・自我・社会 G.H.ミード 著 ; 稲葉三千男, 滝沢正樹, 中野収 訳 青木書店
2005.3
メディア空間 : コミュニケーション革命の構造 中野収 著 勁草書房
2001.4
戦後の世相を読む 中野収 著 岩波書店
1997.3
メディア人間 : コミュニケーション革命の構造 中野収 著 勁草書房
1997.9
岩波講座現代社会学 井上俊 ほか編 岩波書店
1996.3
明日の家族 : 自立と協調の実現 袖井孝子, 鹿嶋敬 共編 中央法規
1995.7
90年代ニッポン・ノート 中野収 著 東京書籍
1994.3
都市の「私物語」 : メディア社会を解読する 中野収 著 有信堂高文社
1993.8
「家族する」家族 : 父親不在の時代というが… 中野収 著 有斐閣
1992.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想